旦那の中折れに一人で悩み辛かったあの頃のわたし・・・

旦那が中折れして辛く悲しい

結婚して約3年が経ち、「そろそろ子供を・・・」と考え始めたとき、すでに私たち夫婦はレス状態でした。

セックスレスのきっかけは、「中折れ」です。

旦那が中折れした時のことは、今でも忘れません。

コウノトリ先生
じゃあここで、中折れした時にさかのぼって話を進めていくよ!

まさか旦那が中折れするなんて思ってもいなかった

その日は自宅ではなく、近所の居酒屋で、友達も交えて飲んでいた。

楽し過ぎて、いつもよりもお酒が進み、私は泥酔状態。

友達と別れ、帰宅途中の道すがら、

「(絶対今日セックスしたい!)」

と、やる気満々の私。

帰宅するやいなや、私は旦那の手を引っぱり、寝室に連れ込んだ。

シャワーを浴びることもしないまま・・・。

前戯も終わり、この時は旦那のペニスもピンピンの状態。

旦那:「入れるね!」

私:「いいよ♡」

と、ここまでは順調だった。

しかし、挿入後しばらくすると、

旦那:「あ・・・なんか・・・ゴメン。できなくなっちゃった。。。

私:「(は・・・???)」

ショック… 旦那が私の中で「中折れ」した時

旦那のペニスは、すでにフニャっと萎えていた。

‟なんていうみじめな気分…悲しすぎる”

完全に酔いも醒めた。

一応旦那の手前、精一杯ふつうを装ってはいたが、内心ものすごく動揺したのを覚えている。

楽しかった気分も、台無しだ。

「(わたしのせいか???)」

「(もしかして浮気しているんじゃ・・・??)」

↑これが、私がその時に強く思ったことだった。

この時から長い期間、セックスレスになっていった。

「セックスレス」のツライ時期

その頃の私は、かなり欲求不満だった。

‟セックスしたいのにできない辛さ”

・・・。

女にも性欲はある。

中折れ以降、私はセックスを誘えなくなってしまった。

なぜなら、

「きっと、他の女とやっているんだ・・・私じゃもの足りなくて、興奮出来ないんだ。」

と思い込んでいたから。

私は、完全に自信を無くしていた。

もちろん中折れ以降、旦那のほうからセックスを誘ってくることも、一切なし。

やるせなくて、悲しい毎日。

女として、本当にみじめだった。

中折れする旦那を恨む毎日

今となれば、

「旦那が悪いわけではない」

と思えるが、当時は旦那のことが憎らしくてどうしようもなかった。

「誰とやっているんだろう。」

「こないだ帰宅が遅かったのは、浮気相手と会ってたからかも・・・」

と、あらぬことばかり考えて、他の事が手につかなくなっていった。

頭がおかしくなりそうだった。

こういう時に、人は浮気をしてしまうのかな… と思う。

それでも私の場合、旦那との間にある「きずな」のようなものが無くなることはなかったので、旦那を裏切るような行為は出来なかった。

でも世の中には、セックスレスが原因で不倫や離婚をする夫婦も沢山いる。

そのくらい、セックスレスに対して夫婦のどちらかが強く不満を感じている場合、とても深刻なのだ。

しかも、他人に相談できるものではないから、なおさら思い詰めてしまう。

旦那の中折れに悩むだけの日々と決別し行動を起こした

ネガティブなことばかり妄想して消耗し、くたびれ果てていたが、旦那を疑ってばかりいても仕方がない。

旦那を信じることができなければ、私たちは破綻に向かってしまう。

そんなタイミングで、

35歳を過ぎると卵子と精子は老化し、妊娠の可能性(確率)が急激に下がる

といった内容のテレビの特集を見てしまった。

衝撃だった。

もうすぐ35歳。40代に入るまでのリミットも、あとわずか・・・。

現実を目の当たりにし、私は思った。

「今やらなければ一生後悔する」

「絶対妊娠しなきゃ!」

と。

この時から私は、わき目もふらず突っ走ったのだ。

「中折れとは何か?」について勉強をする日々

まず私は、中折れを知ることから始めた。

当時はインターネットの中に、「旦那の中折れに悩む女性向けのサイト」が全く無かった。

なので、自力で情報収集して勉強した。

旦那には内緒で本を買い、ヒマがあればこっそり図書館に行き、借りてきた本をコピーして。

バレてしまったら、旦那はきっと傷つくと思ったから。

勉強の中で気が付いたのは、

中折れの原因のほとんどが、生活習慣病である

ということだ。

「浮気でもなければ、私のせいではないのかもしれない」

そう思えた私は、旦那の乱れた生活習慣を見直すことを実行し始めた。

私にできることは、食事の見直しくらいだった。

しかし、食生活の改善により、もともと高かった旦那のコレステロール値が下がっていくのをみて、地道に頑張った。

 

※中折れを改善するために読み込んでいた、当時の本や資料↓

夫婦間のコミュニケーションを怠らないようにした←これが妊活に一番大切なこと!

思い返すと、私が一番努力したのは

‟旦那とコミュニケーションをとること”

だった。

このことは、「妊娠するためには一番大事なことだったな」と、今確信している。

旦那の中折れ以降、ふたりはギクシャクして気まずい状態。

でも、

気まずいままでは、子作りなんてできない

心を改めて前向きになった私は、旦那との間にできてしまった隙間を埋める努力をした。

まず意識したのは、どんなに忙しくても、きちんと会話をする時間を作ること。

そして、

  • 2人とも笑いのツボが同じだから、笑えるDVDを借りてきて、一緒に爆笑する
  • 音楽が共通の趣味なので、いい音楽を探してきては、一緒に聴く(一緒に感動する)

上記のようなことを積み重ねた。

やがて私たちは、キスをしたり、挿入なしのセックスをするようになっていった。

中折れが治り自然とセックスできるようになっていった→妊娠した

そんなこんなで月日がたち、気が付けば旦那の中折れはすっかり治っていった。

セックスも、以前のように、やりたい時にどんどんやるスタイルに戻っていた。

‟そして、ついに自然に妊娠することができた”

現在、私たちの夫婦のもとには、2人の元気な息子がいる。

コウノトリ先生
途中ハショってあるけど、これで大まかな運営者の体験談はおしまい!

妊娠した経験から言えること… 私が思う「妊活で意識するポイント」とは

私たち夫婦の場合、旦那の中折れ以外に不妊の要因がなかったので、‟不妊体質で、病院で不妊治療をしながら、妊活を頑張っている方”には参考にならないかもしれません。

コウノトリ先生
「余計なお世話だ!」って思う人もいるかもしれない。

でも、妊娠を経験した私が感じるのは、

  • 排卵日だからセックスをする
  • 排卵日の2日前だから「タイミングをとる」

といったやり方に対する違和感

です。

私たち夫婦の場合、一人目の時は、生理が終わったその日と翌日のセックスで、妊娠しました。

実際に妊娠をした経験にもとづき、私が強く思うのは、

‟特に排卵日などを気にせず、「セックスしたい」と思う時に、セックスをしたほうがよい”

ということです。

コウノトリ先生
2人目を妊娠した時も、そういうスタイルだったよね。

多くの不妊サイトや妊活サイトには、

「排卵日の2日目が一番妊娠しやすいから、この日にセックスしましょう!」

と書かれています。本当に、そうでしょうか?

作家のよしもとばななさんは、生理中のセックスで妊娠しています

色んな情報を真面目に受け止めすぎて、「頭で子作りをする方法」に偏ってしまうと、セックス自体が事務的なものになり、妊娠に必要なホルモンの分泌もうまく働かないのでは・・・?と感じるのです。

人間も動物なのだから、本能や感覚に従うことも必要(←私はコレを常に信じて生きています)

セックスは減るモノではありません。

排卵日以外にも、やりたいと思った時にするべきです。

年齢的にもリミットがあるのだから、どんどんやらないと、妊娠の確率を上げることはむずかしいと思うのです。

コウノトリ先生
後悔しないためにも、体が求める時にセックスしよう!それが妊娠の確率を高める一番の方法だよ!

あの頃の私が早めにやるべきだったこと

行動を起こす前の私は、夫婦仲も気まずい状態で、全てがうまくいかないように感じ、八方ふさがりになっていました。

今思うと、当時の私のダメだったところは、中折れについて無知がゆえに、

「中折れの原因は、私に魅力がないからだ」

とか、

「旦那は外で他の女とセックスしてるんじゃないか?」

などと、よからぬことばかり考えて悶々とするだけの「無駄な時間」を過ごしてしまったこと。。。

‟もっとはやく中折れやEDについて勉強しておくべきでした”

そうすれば、早く中折れも治せただろうし、妊活をスタートする時期も、もう少し早かっただろうな・・・と思いますね。

今だからこそ気づけることですが・・・。

「中折れサイト」を立ち上げて過去の私と同じ悩みをもつ女性の助けになりたい

私は、旦那の中折れを乗り越えて妊娠→出産を終えると、ひとつの思いが芽生えてきました。

自分自身が旦那の中折れで悩んでいた当時に求めていた

「中折れの事を女性目線で書いてあるサイトがあれば、過去の私と同じように悩む女性の役に立てるのではないか。」

と。

インターネットを覗いてみても、旦那さんの中折れに悩む女性の気持ちに寄り添うようなサイトって、やっぱり見当たらないんですよね。

私は、旦那さんの中折れで悩む妊娠希望の女性が、妊娠をする手助けになるサイトをつくる必要性を感じ、『中折れ旦那のトリセツ』を立ち上げることを決意しました。

そのことを旦那に話してみると、

「いいじゃん!俺も手伝う!」

と、快く了承してくれました。

コウノトリ先生
良かったね!

『中折れ旦那のトリセツ』のやること

私達のサイトは、

  • 当時の私が勉強していた中折れに関する情報(基礎知識)
  • 自身の実体験にもとづき、中折れ改善と妊活のためにやってきたことで、おススメできるモノ(コト)の紹介
  • 自分の経験に基づき「どうしても伝えておきたい大切なこと」について

上記の3点が柱になっています。

旦那さんの中折れ改善に関する事はもちろんのこと

  • 気になる男性不妊の事
  • あなた(女性)が妊娠しやすい体を手に入れるためにやるべき事

についても、30代で妊娠希望のあなたにとって必要な情報だと思うので、しっかりとお伝えしています。

コウノトリ先生
それと、女性でも読みやすいように、僕らキャラクターが登場しているんだよ!

 

『中折れ旦那のトリセツ』を読んで妊娠にむけた地道な努力をしよう

旦那さんの中折れが原因で、妊娠できずに悩んでいる女性には、決して諦めてほしくないのです。

人工授精という選択肢もありますが、結局はあなたと旦那さんの卵子と精子が元気でなければ、妊娠はできません。

中折れを改善する以外にも、30代~40代の妊娠には努力が必要です。

誰だって、めんどくさい努力などしないで、楽をして簡単に求めるモノを得たいものです。

でも、望んだものを手に入れている人って、絶対に努力しているんですよね。

もし、あなたが今できていないことがあるのなら、まず1つでもいいから、始めてみましょう!

では、何をやっていけばいいのか?

分かりませんよね。

コウノトリ先生
中折れする旦那とキミがやるべき事は、このサイトに全て書かれてるよ!

自分で言うのもおこがましいですが、『中折れ旦那のトリセツ』に書かれていることは、30代で妊娠希望のあなた(女性)にとって必要な情報ばかりです。

コウノトリ先生
僕もそう思うよ!

『中折れ旦那のトリセツ』に書いてあることを実践すると健康&若さも手に入る

今思うのは、中折れ改善と妊娠のためにやってきた食事や生活習慣の改善は、健康とアンチエイジングのためにやるコトと同じということです。

現在も、私たち夫婦は中折れ改善計画の時に身につけた健康的なライフスタイルをつづけています。

そのおかげで、40歳を目前としている私と旦那ですが、久しぶりに知人と会っても「ふたりって20代の頃とほとんど変わんないよね!」と言われます。

私は高校時代の体重と同じ47kgを維持できていますし、白髪も何本かしかありません。

旦那もスリムで、お腹はまったく出ていませんよ。

中折れを改善するための生活を続けると、

  • 若々しさをキープできる
  • 健康でいられる
  • 夫婦の関係が良好になる

といったおまけ(結果)がついてきます。

当時、中折れを克服し妊活するために取り組んでいた「生活習慣の改善方法」は、こちらの記事内で解説しています☟

【中折れの改善策まとめ】中折れの対処法を知って萎える旦那を勃たせよう!